2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

国力を弱める道州制 そして国家解体へ!

道州制の危険性を認識しましょう! 
道州制は国力を弱め、国家解体へと繋がる!



(・∀・)<今回は、【道州制】の危険性について書き記していこうと思います。


まず、道州制ってそもそもなに??ってな人も多いかと思いますので、下記のページを参考にして頂けたらと思います。

道州制とは (道州制.comより)
http://www.doshusei.com/main/


(・∀・)<本当は、自分の言葉で道州制の危険性を語りたいところですが、何分、不勉強な素人故、十分な知識も無く伝えるのは無理ということで、今回、京都大学大学院工学研究科都市社会 工学専攻教授の藤井聡先生と、経産官僚であり、社会科学者の中野剛志先生のお二方による『道州制の是非を問う』と題した対談の模様が収められた動画の内容を基に周知して行こうと思います。


道州制と言えば、まず私の頭に浮かんでくるのが、自民党・衆議院議員の松浪健太氏です。 此方は氏の公式サイト→ http://www.kentakenta.org/ (-゛-メ)<『子供たちへ贈物。道州制』とトップページにデカデカと掲げてアピールしているところがなんとも・・・;


そして、大阪市長であり、維新の会のトップでもある橋下徹氏、あと、見事、自民党総裁の座を勝ち取られた安倍晋三先生、このお二方も道州制を強く、強く推進されておられます。



これらの事を念頭において動画の方を視聴して頂きたいと思います。

特に、3分26秒辺りからの中野先生のお話は、非常にわかりやすく、これからの日本の在り方としては明らかに間違っているとわかるような内容だと思いますので、注目して視聴して頂きたいと思います。 (一応、中野先生のお話の部分だけテキスト化しておきました。)



----
3分36秒辺りから、7分頃まで

皆で協力するっていう、そういう感覚、これは私は【国力とは何か】という本で、概念化(?)したんですけど、国力と言われるものって結局何か?って言うと、まぁ、軍事力とか経済力とかいろんな事が国力と言われてるんですけど、究極のところは実は非常に単純で、国民がみんなで協力する、ていう・・。

震災の後、日本は一つになると言いましたけど、何でもそうですね! とにかくラグビーなんかでも 『ワン・フォー・オール』 『オール・フォー・ワン』 て言いますよね! つまり、【一人はみんなの為に】 【みんなは一人の為に】、なでしこジャパンでも何でもそうですけど、チームワークをやることによって、一人だけの能力を超えた力っていうのを発揮出来る。


実は、社会科学っていうものは、結局のところこれも藤井先生の御専門でもありますけど、本来、人間が利己的になりがちなのに、そうじゃなくやることによってもっと大きな力を生み出す、これがどうして出来るのか!? 

例えば、原始社会だと小さな部族とか家族だけでやっているのが、だんだん領国(?)になって、それが国になって、勿論、究極的には世界ってことになるのかもしれませんが、段々、だんだん、見知らぬ他人、遠くにいる他人が心を合わせて何か皆で大きな力を発揮する、ってことが、段々、出来るようになって行くっていうのが単純な意味での【人類文明の進歩】みたいなところがあるわけですよね!

そうすると、国民国家っていうのは、ある意味それを実現したものなんですね!


世界はリーマンショック以降もグチャグチャで、或いはロシアとか中国(支那)とかが台頭してきな臭くなっていると! アメリカもヨーロッパも対応出来ていないと、云うような事が一方ですごくある。

それから我々はもう今、地震のあまり起きない世界ではなくなってしまった、又、活動期の世界に入っちゃった! これでみんな危機だ!危機だ!と言っているわけですね! どうしてそういう危機の時にですね、国内で誰かと権力闘争する話しで盛り上がっているのか!?っていうね。

だから、出来るだけ協力をしなきゃいけないのに、どうしてこの国を幾つかに分断して小国の連合にしようとしているのか!? 

もっとタチが悪いのは、そういう風にバラバラにする事を【
維新】と呼んでいる事で・・。
 

あのですね!明治維新ていうのは逆に世界の中に参入して行って列強と戦うにあたってですね、藩ごとでは対応出来ないから廃藩置県をやって、所謂、中央集権化して国民国家としての力を強める、っていうのが維新であって、あの明治維新の時代のように、今、この国を強力にするために変えていかなくてはいけないという認識自体、間違いじゃないんですけど、向いている方向が逆じゃないかと思うんですけれどもね・・。
----



(・∀・)<道州制というのは、極端に言えば、国家という大きな枠の中に幾つもの小国家を作るようなものだと思います。 これがどういう事かわかりますか、皆さん! 結果的には日本という国家の分断にも繋がる恐れがあり、最終的には反日左翼(サヨク)、共産主義者等が【夢に描く】国家解体(日本国家滅亡)のシナリオを完成させてしまう恐れもあると! 

ソ連崩壊の二の舞となる恐れもあるかもしれない!!


そして、誰が発言をされていたかちょっと忘れてしまいましたが、天皇陛下、御皇室をも蔑ろにする恐れのある制度でもあると発言をされていたのが気がかりです。



(・∀・)<安倍晋三先生が道州制を推進しておられると最初の方に書きましたが、その根拠として政策(安倍晋三 6つの全力!)として掲げられています。

http://www.s-abe.or.jp/wp-content/themes/politicianA/img/seisaku2012.pdf#search=%27%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%20%EF%BC%96%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%85%A8%E5%8A%9B%27

上記のPDFに掲載されている政策の内容(6つの全力)を抜粋し掲載させて頂きました。

----
安倍晋三 6つの全力!

一日も早いデフレ脱却と成長力の底上げで所得向上、雇用の創出に全力

・「日本経済再生本部」を創設し、国内の英知を集結、強力な成長戦略を推進
・東日本大震災の被災地域復興の促進
・若者、女性、高齢者の雇用の創出
・脱原発依存。 「新エネルギー戦略」へのチャレンジ 他


日本の誇り 憲法改正・教育再生に全力

・教育委員会制度や教科書検定・採択制度の見直し
・基礎学力の向上、高等教育の国際化
・教員組合活動の適正化 他


外交・総合安全保障の確立に全力

・日米同盟をより強固に。 自らが自らの国を守る体制づくり
・集団的自衛権の行使を可能に。 日本版NSC(国家安全保障会議)の創設
・北朝鮮による拉致問題、核・ミサイル問題の早期解決 他


自主の志・強固な国づくりに全力

・官邸機能強化と道州制を前提とした地方分権の推進
・国民の信頼、期待に応え得る国会改革、公務員制度を含む行政改革など、
国家統治機構改革の大幅な見直し
・大震災等、非常事態に対応した 「国家緊急事態体制」 の整備=日本版FEMA(フィーマ)創設 他


自助・自立を基本に、「助け合い」 「思いやり」等を大切にする社会保障制度の確立に全力

・若者・子育て支援、障害者・弱者支援システムの確立
・少子高齢化に対応した年金、医療、介護の改革、自立を前提とした生活保護制度の見直し 他


元気なふるさと、活力あふれる地域づくりに全力

・「攻めの農林水産業」の推進
・国民の安全と地域競争の強化に資する未来への投資としての新公共事業の推進
・EPA、FTAの推進。 TPPの「聖域なき関税撤廃」反対 他

----



(・∀・)<ピンクで表示したところは、不支持疑念を抱いたところです。

憲法改正というのは、【憲法ではない(日本の憲法とは言えない内容と成立過程に不正があった)ものを憲法として認識し、改正】しようとするとんでもない行為ですが、これをやっちゃうと、GHQの戦争犯罪(国際法に反し、占領中の他国の法を強制的に変えさせた犯罪行為)を容認する事にもなると思います。 つまり、天皇陛下と国民を人質にしてGHQ草案(日本の國體破壊を目的とする草案)を押し付け、強制的に憲法を改正させ成立させた日本国憲法と偽称する怪文書を憲法と認めてしまうことになり、日本の真の國體(天皇を中心とする国のありかた、決まり事)をも、国民自らが否定してしまう事になると思います。

(・∀・)<だから日本国憲法と偽称する怪文書を、【
憲法として改正する行為】は危険だということを今まで周知してきましたが、何故か、これに反発する勢力(日本国憲法は憲法として有効であるとする改憲派)が存在しますが、改正してから取り返しのつかない事になった後で、『やっぱり改正は間違いだった・・・』と後悔しても遅い! 果たして改憲を推進した方々は責任を取れるのでしょうか?


しかも・・・ 安倍先生は過去に、日本国憲法は無効であり、議席の過半数で破棄出来る云々と発言をされていた過去があります。(2009年ごろ)

つまり・・・ 日本国憲法は憲法として
無効(憲法には該当しないもの)であるという認識を既に持っている上で、憲法改正(日本国憲法を憲法と認識し改正する)を政策に掲げていることになります。 これは非常に矛盾しているというか、おかしいと思いませんか!?

↓此方の動画が根拠です。



(・∀・)<FTAって・・・ 中韓(支那、韓国)とのFTAのこと?? だったらとんでもないと思いますよ!


道州制のお話から少し話しがそれてしまいましたが、安倍先生が自民党の総裁になられ、とてもおめでたく喜ばしい事ではありますが、私自身は安倍先生の政策に問題があると見て素直に喜べないところが正直あるし、世間のフィーバーぶり;を見て・・・ 安倍さんの政策を理解した上で応援し、支持されているのだろうか?と疑問と一抹の不安を抱いている次第です。

安倍先生の政策に異議を唱える人をあまり見かけないので、このままで良いのだろうか?と、とてつもない違和感を感じてはいた。

どうか、盲目的に応援されるのではなく、政策なども把握したうえで支持し応援するところはしていく、しかし、支持出来ない政策などには徹底して意見、抗議をしていく! これが日本の未来の為であり、子々孫々の為でもあると思います。 



今回、道州制を特に取り上げたのは、実際に実現させる事が可能であるという確率が非常に高い恐れがあると思ったからです。



<<関連記事>>

★道州制の正体
http://baikoku.web.fc2.com/

★「道州制」はやっぱり危険
http://sekakata.exblog.jp/7352868

★◆【危険!道州制(地方分権)は日本分裂に繋がる】過去の幕藩体制や戦国時代に戻そうとして居るに過ぎない。維新の名が泣く![○○維新逆行の会]と改めて欲しいものだ。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-546.html



<<関連動画>>


(・∀・)<ストップ!!道州制!!

道州制は危険な政策である!と思われた方は、ここで掲載した動画や関連記事を周知、拡散して頂けると幸いです。 よろしくお願い致します。

2012年9月29日 (土)

醜態を晒す教育関係者! ◆兵庫県立大学附属高校の実態◆

動画の周知、拡散をお願い致します!!

今回の記事は、下記の記事に関連する内容です。

危険!!【兵庫県の高校】危険な韓国へ修学旅行!?

http://rine2012jp.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-27fb.htm


兵庫県立大学附属高校による韓国への修学旅行問題(嫌がる生徒を無理矢理、韓国に連れて行こうとする。 まるで強制連行である。)について、今度は在特会の方、自らが抗議文を手渡そうと当該高校に足を運び、この学校の教頭先生との直接のやり取りの模様を動画に収められていますのでこれを周知していきます。


(・∀・)<私の率直な感想を述べると、まるで、血の通わない出来損ないのポンコツロボットと、心ある真っ当で善良な市民の方々との壮絶なやり取りを見たような感覚になり、実態を目にして【あの国】と関わると、ここまで腐りきってしまうのかと愕然としてしまった。(あの国と関わっている公的機関はどこも同じように腐りきっているようですが・・) そして教育関係者としてあそこまで醜態を晒せるとは・・ 恥の概念が無いのではないか?と疑念をもってしまった。 


もう、怒りが限界点を超え、失笑、冷笑しながら動画を見るしかない、といった感じです。 あのような公務員は即刻、免職にするべきかと!


【ニコニコ動画】9月26日 兵庫県立大学附属高校に対する抗議文手交③

↑の動画も酷いありさまです。

http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2453074
↑チラシは此方です。



※読みあげられた抗議文の内容をテキスト化してみました。

----

平成24年9月26日

兵庫県立大学付属高校校長 市川 一夫殿

修学旅行の行き先、韓国について。

前略、要件のみ取り急ぎ申し上げます。 我々、在日特権を許さない市民の会は、貴校が企画している韓国への修学旅行に対し徹底的に抗議します。

今回、この修学旅行に対し多くの生徒たちが承諾書の提出を拒否、また、生徒たちは行き先を変更したく様々な行動をしているのにも関わらず、保護者にすら十分な説明を果たさず、今、竹島問題で反日感情が高ぶっている可能性、或いは、北朝鮮との戦時中であるのにも関わらず、韓国へ旅行に行くことは極めて危険であると考えます。

しかも教育の一環であり、我々、一般市民の税金が使われている可能性があるのにも関わらず、我々を部外者とし、何も説明を果たさないのは極めて遺憾であります。

更に、こういった韓国への修学旅行によって国益を損なう反日教育をされる可能性や、韓国産食品から寄生虫や人糞が検出されたり、韓国での性犯罪率の高さなどを考慮しても、本当に生徒の安全を守るつもりがあるのか疑問にすら思うところです。

本当に生徒の事を思うのであれば、生徒が危険に晒される可能性があることは今すぐにでも辞めさせるべきであると考えます。

そして万が一、生徒が危険に晒された場合、貴校は責任をとれるのか、誰が責任を負うのかを明確に説明する義務があると考えます。

それらを有耶無耶にして、このまま生徒や保護者の意向を汲み取らないまま、韓国へ修学旅行に行くことは貴校の信用問題に関わる事だと認識しております。

もう一度、行き先に関しては慎重に検討するよう強く要請します。

----




ここからは、兵庫県立大学付属高校へ抗議を手渡しに出向いて行かれた在特会兵庫支部長・北原さん、そして当該高校の教頭・木村氏とのやり取りの一部を書き起こしていきます。

----

<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<今回、この内容でいろいろ電話があったと思うんですけども、今の段階で行き先変更するつもりはないんですね?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<(お話)することはございません!? 言っとくけど僕は生徒のその依頼で来ているわけなんですけど、その僕に対しても説明をするつもりはないと?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<学校関係者以外の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<いや、だから僕はその代理なんですよ。

正直ね、そういう風に言うのは自由ですよ! ただ、これで生徒さんたちは納得されると思ってます?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<電話と同じ対応ですけれども、正直ね、ここの文面に書いてある通りに、韓国は性犯罪率も高いし、韓国産食品から寄生虫人糞が検出されるような危険性もあるのにも関わらず、其方さんは修学旅行に韓国へ行こうとしているんですよ!

それに対して、もし生徒さんに何かあったときに責任をとれるんですか? 

今回は、その抗議文として持ってきているわけですけど、それでも何も説明をする必要はないんですね? 僕らは部外者だから。


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<同じことを繰り返して・・; 僕らね、機械と話しているわけちゃうんですよ! ちゃんとね、生身の人間としてね、ちゃんとした対話をしたいんですけどね・・・。

困りましたねー!! 多分、これを渡したとしても検討しないでしょ? そうでしょ!?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・ビデオカメラ担当の方>>

(  ̄っ ̄)<なんで韓国やないといけないんですか?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・ビデオカメラ担当の方>>

(  ̄っ ̄)<ハワイとかオーストラリアじゃダメなんですか?

((`・ω・´)<無駄ですよ、多分、お話することはございません、この一点張りやと思うんでね・・。)

(  ̄っ ̄)<最後に、竹島はどこの国の領土ですか?

((`・ω・´)<多分、それも言わないでしょ!)


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<竹島やって、李アキヒロ(韓国大統領・李明博)が上陸(不法侵入)しているのにも関わらず、其方から行こうとしているんですよ! しかも天皇陛下を侮辱するような、あんな国ですよ!


<<在特会・ビデオカメラ担当の方>>

(  ̄っ ̄)<ソウルの市長が言いよったけど、反日教育をする時に日本人の子供たちを使う、って言っているんですけど、それでも韓国に行きたいんですか?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<だけれども、それは協議の結果でしょ、それは?

けれども生徒さんは納得されていないですよ! 貴方たちは生徒さんが大事なんですか? それとも韓国へ修学旅行、行くことが大事なんですか? どっちなんですか?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<いや!それは答えれないってことですね?

ということは、この学校は生徒たちを大切にしない! 自分たちの立場が大切であるという事を今、ここで認めた事になりますよ! それでもいいんですね?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<いいえ!! 僕は部外者ではございません!! ちゃんと生徒さんから依頼を受けてここへ来ています。 どうなんですか!?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<いいえ、だから部外者じゃないって言っているでしょ!!

若いから舐めとんのかしらんけどね、僕らちゃんとそういった依頼を受けて責任をもってここへ来ているんですよ!

ちゃんと誠意ある対応をしてもらわないと、こんなふざけたプラカード立てないで!(入らないでください。 お引き取りください。 と書かれたプラカードを学校関係者が持ってずっと突っ立っている。)


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<税金使っているんでしょ!? 僕らも納税者ですよ! 一応、社会人ですからね 21歳やから、ちゃんと働いてますし。

それでもそんな同じ事を繰り返して恥ずかしくないんですか?


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には・・・


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<僕らが怒っている理由、わかってます? なんの為にこんな遠い所まで来て、こんな事をしているかわかります?

それでもね、生徒さんたちの事を思って僕ら行動しているんですよ! それなのに同じ言葉繰り返してね、そら憤慨しますよ!!

わかってますか! 僕ね、電車賃はたいてここへ来ているんですよ! 言ったとしてもわかんないでしょうけどね。

皆さん、この問題に対して本当に行きたくない人は行きたくない!と言っているんですよ。 
その生徒さんたちの意向を無視するんですか? そうやって同じ言葉繰り返して。

結局、教育委員会に電話をしたけれども順調に決めてるんでしょ!その韓国に旅行へ行く事を! 本当にこのままで良いんですね? この学校は!!? こうやって生徒たちが危険に晒される可能性がある韓国へ修学旅行をやめない!! そんな酷い高校であるって事を実証しているようなものですよ。 信用問題に関わるんですよ! 貴方たちの学校の事を思って僕はここへ来ているんです。 もっと誠意のある対応をしてもらえますか!


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<部外者の方には、お話することはございません。


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<だから部外者じゃございません!!! 僕らボランティアで来てるんですわ!

どう思います、警察の方々も? 


<<在特会・ビデオカメラ担当の方>>

(  ̄っ ̄)<生徒がね、韓国へ行った時に北朝鮮の工作員に拉致られる可能性もあるわけですよ! それはどう考えてますか?


<<在特会・北原さん>>

(`・ω・´)<韓国は今、北朝鮮と戦時中(休戦中)ですよ! そんな危険なところへ行かすんですか! 僕には納得出来ません。 

じゃぁ、わかりました!! 部外者である僕に、なんで韓国に旅行行くのか、って事を説明してもらえます?

出来ないでしょ! 部外者に話すことはないんでしょ! けど、僕がもし結婚してですよ、息子をこの高校に行かせたいと思ったとき部外者と言えるんですか? 僕、保護者になりますよ。


<<教頭・木村氏>>

(-ε-)<お話することはございません。 お引き取りください。

(以下、省略・・)

----




(・∀・)<この記事を見られた皆様は、上記のやり取りをどう思われましたでしょうか!?

多分、私があの場所に居たとしたら・・・ 口より先に手が出て大変な事になっていたでしょうw そのくらい気の短い私には抗議文を手渡しに行かれた在特会の方々はかなり紳士的で真っ当な活動をされていたと感じます。

よく巷では、『在特会は過激だ! 下品だ! やり方が良くない!』 などと、自分ではろくに動こうとしないくせに、安全な場所から文句だけは吐きまくる人たちがいるようですが、今回の彼等のような紳士的に活動を行なっている人もいるわけです。

リスクを抱えて動いている人に背中から石をぶつけるようなマネをする前に、テメェが紳士的且つお上品な活動で成果をあげてから偉そうに文句を垂れてみやがれぃ!!!
 


(・∀・)<と、活動家だった私の祖父なら言うでしょう。w

あれくらい抗議をしても学校側は韓国への修学旅行を強行的に行うでしょうが、しかし、今回のあの学校の関係者の実態を公にすることが出来ただけでも素晴らしい成果をあげられたと私は思いました。 これであの学校のお株は下がりに下がり、学校運営にも支障をきたし後悔をすることにもなるでしょう。 自業自得ですよ! 最初から誠意のある対応をしていれば公に醜態を晒されることはなかったはず。


教頭先生! 【こういう場面では余計な事は絶対に話さないよう、部外者の方には、お話することはございません、という対応をしましょう。】というマニュアルでもあるんでしょうか?と、思わず学校に電話をして質問しそうになったわけですが、どうせ 『部外者の方には、お話することはございません。』 と、テープレコーダーの壊れたようなセリフしか返ってこないだろうと思い、やめましたw


(・∀・)<子供の人権、人権と、普段はうるさいほど主張する教育関係者が、子供の意向を無視! これは人権を無視することにもなりませんか? 人権というのなら自分たちが子供の人権を侵害していることくらい気づきなさいよ!と声を大にして言いたい。


ある人は、人権、人権と声高に叫ぶ人ほど、本当は人権なんてものを真剣に考えていない。 こういう人間こそ人権を蔑ろにする偽善者が多いんだよ。 と話していたのを思い出しましたが、なるほどと・・ 思います。


いくら抗議をしても無駄でしょうが、その無駄を承知で抗議をしていくことで少しづつ何かが変わっていくような気がします。 無駄だと思い諦めてはそれまでです。

動画の周知、拡散、そして抗議の方、宜しくお願い致します。



下記の凸先は、↓のページから抜粋し転載させて頂きました。
http://logsoku.com/thread/ikura.2ch.net/ms/1347333356/

----
【凸先一覧】

・兵庫県立大附属高校
http://www.ahs.u-hyogo.ac.jp/
質問・感想はwww@ahs.u-hyogo.ac.jp
tel:0791-58-0722 fax:0791-58-0723

・兵庫県教育委員会
    http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/kouchou.htm
    総務課 広報・広聴係 TEL.078-362-3741
    教育企画課  kyouikukikaku@pref.hyogo.lg.jp
    上群町 kanri@town.kamigori.hyogo.jp

・長岡 壯壽 (ながおか そうじゅ)
    選挙区 赤穂市及び赤穂郡  所属委員会 文教常任委員会
    電話番号 事務所 (0791)46-5575  FAX番号 事務所 (0791)46-5575

・兵庫県立大学事務局
    TEL:078-794-6580 FAX:078-794-5575
    u_hyogo@pref.hyogo.lg.jp

・兵庫県民総合相談センター
    電話:078-360-8511 FAX:078-360-2898

・部署名:企画県民部 広報課
    https://web.pref.hyogo.lg.jp/cgi-bin/faq/form.cgi
    電話:078-362-3018 FAX:078-362-3903
    Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp

・井戸敏三 兵庫県知事
    http://idotoshi.net/contact

・和田 有一朗(兵庫県議会議員)
    TEL:078-753-3533 FAX:078-753-3554
    E -mail ritoukihyougo@yahoo.co.jp

”日本人狩り”の裏側 (重大ニュース)

デモも暴動も“仕込み”!? 中国各地で横行する“日本人狩り”の裏側

ニコニコニュースより抜粋
http://news.nicovideo.jp/watch/nw382729?marquee

      

9月11日の日本政府による尖閣諸島の国有化により、中国全土が反日一色に染まった。

一日当たりのデモ参加人数や発生都市数は、2005年に小泉純一郎首相(当時)が靖国神社を参拝したことなどを受けた反日デモを上回り、日中国交正常化(1972年)以来、最大規模。各地でとても法治国家とは思えない暴挙が繰り広げられた。

日本では13日頃から現地の様子を伝えるニュースが飛び込んでくるようになったが、暴徒化した中国人が日系企業の店舗や工場に次々と襲いかかったのだ。

パナソニックは山東(さんとう)省青島(チンタオ)の工場に乱入した暴徒により工場設備に火をつけられ、江蘇(こうそ)省蘇州(そしゅう)では工場の守衛室などが破壊された。同じく青島でトヨタの販売店が放火されて全焼したほか、日本車販売店も車両を壊されるなどの被害を受けている。

さらにイオングループのスーパー「ジャスコ」の青島・黄島店も1階店舗の大部分が壊され、商品が略奪された。湖南(こなん)省長沙(ちょうさ)の日系デパート「平和堂」も破壊、略奪行為によって営業再開のめどが立たないほどの被害を受けた

ほかにも、路上の日本車が倒されたり、日系コンビニのレジから金が奪われたり、日本料理店が襲撃される被害が報告されている。

そして、このように暴徒化した中国人のターゲットにされたのは企業や店舗だけではない。

12日夜、上海で日本人男性が中国人に声をかけられ、日本人だとわかると、いきなり殴られた。

13日にも同じく上海で日本人男性が歩いていたところ、何者かによって顔にラーメンをぶっかけられやけどを負っている。 さらに前日に続き、「日本人か?」と声をかけられた日本人男性が、突然、足を数回蹴られた。

17日夜にも、香港のフェリーターミナル付近を散歩していた日本人夫婦がいきなり殴られ、頭部にケガを負わされた。

このほかにも、路上を歩いていたら頭から炭酸飲料をかけられる、メガネを奪われてレンズを割られる、いきなりすごい剣幕で「小日本人!」と罵声を浴びせられる、タクシーの乗車拒否をされるといった、街中や飲食店での被害が相次いでいる。



日本人であるというだけで狙われる。まさに“日本人狩り”ともいえる異常な状況にあるのだ。


上海在住のビジネスマンのA氏に、現地の様子を聞いた。

「やはり街には緊張感がありますし、外出はなるべく控えていますね。上海の日本領事館からもメルマガが届きましたが、これまでは月に1、2通程度、『日本人相 手の、ぼったくり商売があるので気をつけて』といった内容だったのに、今回は一日に2通は届いています。『日本人だけで集団行動しないように』『外で日本 語で大声で話さない』『デモには近づかない』といった内容でした」

A氏はこう続ける。

「しばらくは社用車での送り迎えが続く と思います。聞くところによると、一部の日系企業ではすでに日本人社員を中国から引き揚げさせているところもあるみたいです。ただ、結局は自分の身は自分 で守らなければならないので、当分、外に出ても日本語を話さないようにするしかないですね。日本人の友人の中には、スーツを着ないで、中国人っぽい私服で 仕事をしているヤツもいますよ」

理不尽な恐怖に息を潜める在留邦人には同情するしかないが、尖閣諸島を日本政府が国有化したことに端を発した今回のデモは、なぜここまで拡大したのか。

中国事情通の評論家、宮崎正弘氏はこう見る。

「今 回の反日デモは、共産党公安部の“やらせ”ですよ。というより、05年も含めて、とにかく反日運動というのはやらせです。自然発生的な反日デモというのは あり得ない。ただ、今回はやらせの範囲を超えて収拾がつかなくなってしまったということです。その典型が青島や長沙です。公安の制御が利かなくなった」

やらせという根拠は?

「北京の日本大使館の前に行くと『(投げるための)卵はひとり2個まで』という紙を持って卵を配る公安がいたり、ペットボトルも用意されている。さらに、デモ隊が持つスローガンの書かれた横断幕もきれいに印刷されたもので、用語も統一されている」

言われてみれば、そうかもしれない。ただ、デモをやらせる目的はなんなのだろうか。

「ま ず第1は、政治への不満に対する“ガス抜き”。第2の理由が今回の特徴で、共産党内の権力争いです。10月の共産党大会で胡錦濤(こきんとう)体制から習 近平(しゅうきんぺい)体制に政権が移行しますが、執行部の人事はまだ決まっていない。習近平の『上海閥』といわれるグループと、胡錦濤の『団派(共産党 青年団)』が、執行部で多数派を取るために激しく対立しているんです」




権力闘争と反日デモ、その関係がピンとこないが、そのあたりを中国事情に詳しい評論家の黄文雄(こうぶんゆう)氏に解説してもらった。

「今 は胡錦濤のグループである団派が徐々に力をつけてきて、中央だけでなく、地方でも胡錦濤のほうが優勢なんですね。 中国では政権交代後も自分の力を誇示するために、執行部に自分の派閥の人間を送り込みますから、習近平としては胡錦濤に力をつけてもらっては困るわけです。 今回の反日デモは習近平の胡錦濤への逆襲とみられます」

胡錦濤にとって、今回の反日デモはどんな影響があるのか。

「まだ政権は胡錦濤にあります。その間に民衆を制御できないという状況をつくればいいわけです。そのためには、パナソニックやミツミ電機などの“親中派”企業を焼き打ちにすればいい。(パナソニックの創業者)松下幸之助は中国の近代化、発展に大きく貢献し、中国との関係は非常に深い。『井戸を掘った人を忘れない』という中国が忘恩の挙に出たわけですから、胡錦濤政権にとってはものすごい赤っ恥で打撃ですよ」(前出・宮崎氏)

さらに宮崎氏は、今回の反日デモにはもうひとつ別の目的があったと分析する。

「国内矛盾のすり替えです。今の中国は反日どころではない。バブルは完全に崩壊しているし、失業者はあふれ、特に700万人の新卒者のうち230万人から 250万人が就職できない。この状態が5年も続いていますから、1000万人以上の若い大卒者が無職なんですよ。これは国としてかなり厳しい。報道では “若者”の参加が目立つといっていますが、正確には“若い失業者”です。そんな彼らの不満をどうすり替えるか。中国では徹底した反日教育が行なわれている ので、それを利用しているわけです」

では今後、反日デモはどうなるのか。

「今回は収束に向かうでしょう。でも、中国は国内経済も治安もガタガタですし、共産党内部の権力争いも続くでしょうから、その目をそらすための反日デモは今までよりも増えていくんじゃないでしょうか」(前出・黄氏)

中国の内政のために利用される反日。たまったもんじゃない。

(取材・文/頓所直人)
----


(・∀・)<”日本人狩り” 恐ろしいわ!!!

もし、自分の家族、親戚、友人などが支那で日本人狩りの被害にでも遭ったら・・ と思うと、人事ではいられない。 上記の記事を読んだ限りでは、在支那邦人は命懸け、といった感じに見受けられます。 日本政府は何か対策をとっているのだろうか・・・?

これを機に、日本企業はチャイナリスクの大きさを認識し、支那から撤退して頂き、国内経済の安定と雇用促進の為にも国内に拠点を置いた経済活動を願いたいが・・・ 


安かろう、悪かろう、の支那製品や韓国製品ばかりが目につくが(特に衣料品など)、少々高くても品質の良い、日本製のものを生活に取り入れたいとずっと思ってきた。 

【安さ】というのは勿論、魅力的だけども・・ やはり【本物】とは縁遠い。 安いものにはそれなりの【裏】がある。

単純な言い回しをすれば、本物にこそ価値があると思っている。

安さばかりを追求し、安さばかりに目がいくようでは・・ やがて人間性も安っぽいものになっていくようで何となく解せない。 これは気持ちの問題だろうか?

ただ・・ 毎日の食卓に並ぶご飯のおかずの材料となるお野菜やその他の材料などは品質が良くて安価なものなら最高! といった都合の良すぎる主婦目線の考えを敢えて書いてみた。w



(・∀・)<敢えて最後に書いておきたい事は・・・ 第二の【通州事件】が起きない事を願うばかりです。

凄まじい残虐性を持つ支那人・・ 温かい血の通う人間ではなく、まるで血に飢えた【獣】としか言いようがない。 

私は一生、支那には行くことはない!と断言しておこう。




















サイドバーに本棚を設置したいのだけど・・・

ブログのサイドバーに本棚を設置してみたいと思い、ブクログのweb本棚サービスに登録をして自分専用の本棚をゲットしたのは良いのだけど・・・ ココログって【フリースペース機能】が無い!! ということに後で気づきちょい凹んだ;

つまり、【フリースペース機能】というのは、あらかじめブログに予定されている機能や情報以外の、個人的に周知したい情報を書き記し、ブログのサイドバーに表示させる機能のことですが、この機能が無いとサイドバーに表示させる事が出来ない・・・。 (^-^;<なんでフリースペース機能が無いんだろう?? 作って欲しいなぁ・・・。

が、しかし、立ち直りの早い私はw まず試験的な意味でプロフィールの欄に本棚のタグを埋込み表示させてみた。 自分はこういう本を読んでいます! オススメです! という事をアピールが出来るんじゃないかと思いやってみた。 まだ4冊しか本を置いていないので寂しさ漂う本棚って感じですが、これから徐々に増やして行こうと思っています。

 

【本棚(オススメの本・DVD)】というカテゴリーも新設し、ここからオススメの本やDVDなどを紹介していこうと思います。

(o^-^o)<新しく出来た本棚です♪

2012年9月26日 (水)

危険!!【兵庫県の高校】危険な韓国へ修学旅行!? 


至急、周知、拡散お願い致します!!


兵庫県立大学附属高校に電話しました【在特会2012.9.21】

----
動画説明:
兵庫県立大学附属高校に通う生徒の保護者から在特会宛にメールが来ました。なんと修学旅行の行先が混乱の最中にある韓国だそうです。皆さん抗議をお願いします。兵庫県立大学附属高校0791-58-0722 ■兵庫県教育委員会078-341-7711
----


例の韓国大統領・李明博による日本の領土・竹島への不法侵入と今上陛下への侮辱、不敬発言があったのはご存知だと思いますが、このとんでもない危険な韓国へこの期に及んで修学旅行に行くという高校があり、しかも、この学校の生徒さんや親御さんは韓国はやめてくれ!と修学旅行の行き先を変更するよう学校に強く要請したのだそうです。

しかし、学校側は全く聞く耳を持たない! そして在特会へ生徒さんからSOSのメールが届いた事から韓国への修学旅行の件が発覚し、奈良支部長さんが学校へ電話をかけ動画をアップされたようです。 

在特会さんの他、兵庫県の保守系議員の方々にも助けを求めている状況とのこと・・・。

一応、議員さんの名簿が載せられているページへのリンクを貼っておきます。
---
兵庫県議会 議員紹介
http://www.hyogokengikai.jp/member/member01_2.html
---


奈良支部長さんの『何故、韓国なんですか?』 という質問に対し、学校側の応答は、『学校行事については、部外者の方には説明する必要は無いと思っております。』 と・・・ まるでテープレコーダーが壊れたように繰り返すばかり。

まず部外者ではありませんよね・・ 国民の義務として納税をし、納められた税金が教職員のお給料となっているわけですから、公務員として国民を部外者呼ばわりするのはいかがなものかと思いますね。(けしからん!!)

よほど【都合の悪い事】なのか、マトモに説明が出来ないようですが、反日教育を国是とする韓国、しかも今、一番危険な時だと思いますが、もし修学旅行に行って生徒に何か危険が及ぶような事があれば・・・ 事があってからでは遅いのです!!

いや、何かあろうが、なかろうが、韓国などへ行ってはならないのです。 仮想敵国から、【正真正銘の敵国】になったのだから。

この学校の対応は非常に無責任極まりないと思った次第です。

奈良支部長さんの仰った 『強制連行』 ←これはまさにその通りだと、思わず10回ほど深く頷いてしまいました。(苦笑) 

だって、生徒さんの気持ちを無視して無理矢理にでも韓国へ連れて行こうとしているわけですもんね! 他国の領土へ不法侵入したり、他国の皇室(天皇陛下)に対し侮辱発言を行った愚かな誰かさんがいるようなとんでもない国へ大切な生徒さんを無理矢理にでも連れていこうなんて・・・ どう考えても異常としか思えない。

学校側も強行的に韓国へ行くとなれば、その分、責任は重大ですよ!

無事、日本へ帰国出来たとしても、強行的に【敵国・韓国】へ修学旅行へ行ったとなれば、学校への周囲の評価も厳しいものとなり、学校運営にも悪い影響が出てくる可能性もあると思いますが、まぁ、これは自業自得としか言いようがないです。


<<関連記事>>

※まとめ@2ch 【生徒達を】兵庫県立大付属高校の修学旅行【救え!】
http://blog.livedoor.jp/nekomatachan2-matomet/

(o^-^o)<特に上記のブログは、件についての情報を専門的に掲載されているようです。 オススメです。

※【鬼女さん、助けて】 修学旅行に韓国なんて行きたくない 「説明会の音声を全国に晒します。聞いて下さい。」 【兵庫県立大学附属高校】
http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=489

※兵庫県立大学附属高校の修学旅行で韓国にいくと言う件について
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1494573249?fr=chie-websearch-1&k=34vV7tyQnZaZkZqGzpWui5CPlsuRqIbT46SZn5OWlZHh1IutlpmQj5bL6ZCei6OWlZDU6c7h54ajlVnuI0guFFYK8FAe%2F04SClkWFVf97VglB1cODE8PD4RNMiJOGwlaAPRWBfWTXQgBSA8mkZqGzdzXi6iFpJmfnpSZo5aVkMTk2djShqOVlpWQy5ajkaOGlZXlzJCdlpyRmobSla6Ln5etnaSll5unraPPxujS5dPgmqOtnaOapp%2Bonp7K1ujS5Mjwmp%2BnmJqopKGkk67f3uLJi5%2BW3ZCdlpqiopyfpqShoZeWlZHi09TY4ouohaaLm5DWi62WnJDg



急げ!!!

10月4日までにキャンセルをすれば全額返金されるとのこと!!

10月4日というと・・ あと1週間弱? どうにかキャンセルさせ、生徒さん、親御さんが安心できるよう、なんとか微力ながら力になりたいと思い、この情報をアップしました。

皆様、当該高校と教育員会へ意見、抗議などのメール、FAX、電話をよろしくお願い致します。

---
兵庫県教育委員会
http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/

総務課 広報・広聴係 TEL.078-362-3741

兵庫県教育委員会事務局
TEL078-341-7711(代表) 
FAX078-362-4283

兵庫県立大学附属高校
http://www.ahs.u-hyogo.ac.jp/

TEL 0791-58-0722 
FAX 0791-58-0723
---



↓下の掲載した動画は、韓国への修学旅行についての説明会の模様のようです。

少々、言葉が聞き取れない所が多いようですが、念のため貼り付けておきます。


【音声晒し】兵庫県立大学附属高校の韓国への修学旅行Part1  



【音声晒し】兵庫県立大学附属高校の韓国への修学旅行Part2  

さくりん情報室スタート♪

(o^-^o)<おはようございます♪ 『さくりん』こと、桜咲です。

今日から【さくりん情報室】と題したブログをスタート致します。

このブログは、日本社会で起きた【なんとなく無視できない気になる情報】
【こりゃ大変だ!!重大ニュース】 そして【世界の気になる&重大ニュース】
などを発信して参ります。

自分の活動記録も併せて発信します。

諸事情によりw、これからは全てブログから情報を発信して参ります。

(*^-^)<よろしくお願い致します。

トップページ | 2012年10月 »