2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「国家解体(滅亡)に繋がる危険な政策」の1件の記事

2012年9月30日 (日)

国力を弱める道州制 そして国家解体へ!

道州制の危険性を認識しましょう! 
道州制は国力を弱め、国家解体へと繋がる!



(・∀・)<今回は、【道州制】の危険性について書き記していこうと思います。


まず、道州制ってそもそもなに??ってな人も多いかと思いますので、下記のページを参考にして頂けたらと思います。

道州制とは (道州制.comより)
http://www.doshusei.com/main/


(・∀・)<本当は、自分の言葉で道州制の危険性を語りたいところですが、何分、不勉強な素人故、十分な知識も無く伝えるのは無理ということで、今回、京都大学大学院工学研究科都市社会 工学専攻教授の藤井聡先生と、経産官僚であり、社会科学者の中野剛志先生のお二方による『道州制の是非を問う』と題した対談の模様が収められた動画の内容を基に周知して行こうと思います。


道州制と言えば、まず私の頭に浮かんでくるのが、自民党・衆議院議員の松浪健太氏です。 此方は氏の公式サイト→ http://www.kentakenta.org/ (-゛-メ)<『子供たちへ贈物。道州制』とトップページにデカデカと掲げてアピールしているところがなんとも・・・;


そして、大阪市長であり、維新の会のトップでもある橋下徹氏、あと、見事、自民党総裁の座を勝ち取られた安倍晋三先生、このお二方も道州制を強く、強く推進されておられます。



これらの事を念頭において動画の方を視聴して頂きたいと思います。

特に、3分26秒辺りからの中野先生のお話は、非常にわかりやすく、これからの日本の在り方としては明らかに間違っているとわかるような内容だと思いますので、注目して視聴して頂きたいと思います。 (一応、中野先生のお話の部分だけテキスト化しておきました。)



----
3分36秒辺りから、7分頃まで

皆で協力するっていう、そういう感覚、これは私は【国力とは何か】という本で、概念化(?)したんですけど、国力と言われるものって結局何か?って言うと、まぁ、軍事力とか経済力とかいろんな事が国力と言われてるんですけど、究極のところは実は非常に単純で、国民がみんなで協力する、ていう・・。

震災の後、日本は一つになると言いましたけど、何でもそうですね! とにかくラグビーなんかでも 『ワン・フォー・オール』 『オール・フォー・ワン』 て言いますよね! つまり、【一人はみんなの為に】 【みんなは一人の為に】、なでしこジャパンでも何でもそうですけど、チームワークをやることによって、一人だけの能力を超えた力っていうのを発揮出来る。


実は、社会科学っていうものは、結局のところこれも藤井先生の御専門でもありますけど、本来、人間が利己的になりがちなのに、そうじゃなくやることによってもっと大きな力を生み出す、これがどうして出来るのか!? 

例えば、原始社会だと小さな部族とか家族だけでやっているのが、だんだん領国(?)になって、それが国になって、勿論、究極的には世界ってことになるのかもしれませんが、段々、だんだん、見知らぬ他人、遠くにいる他人が心を合わせて何か皆で大きな力を発揮する、ってことが、段々、出来るようになって行くっていうのが単純な意味での【人類文明の進歩】みたいなところがあるわけですよね!

そうすると、国民国家っていうのは、ある意味それを実現したものなんですね!


世界はリーマンショック以降もグチャグチャで、或いはロシアとか中国(支那)とかが台頭してきな臭くなっていると! アメリカもヨーロッパも対応出来ていないと、云うような事が一方ですごくある。

それから我々はもう今、地震のあまり起きない世界ではなくなってしまった、又、活動期の世界に入っちゃった! これでみんな危機だ!危機だ!と言っているわけですね! どうしてそういう危機の時にですね、国内で誰かと権力闘争する話しで盛り上がっているのか!?っていうね。

だから、出来るだけ協力をしなきゃいけないのに、どうしてこの国を幾つかに分断して小国の連合にしようとしているのか!? 

もっとタチが悪いのは、そういう風にバラバラにする事を【
維新】と呼んでいる事で・・。
 

あのですね!明治維新ていうのは逆に世界の中に参入して行って列強と戦うにあたってですね、藩ごとでは対応出来ないから廃藩置県をやって、所謂、中央集権化して国民国家としての力を強める、っていうのが維新であって、あの明治維新の時代のように、今、この国を強力にするために変えていかなくてはいけないという認識自体、間違いじゃないんですけど、向いている方向が逆じゃないかと思うんですけれどもね・・。
----



(・∀・)<道州制というのは、極端に言えば、国家という大きな枠の中に幾つもの小国家を作るようなものだと思います。 これがどういう事かわかりますか、皆さん! 結果的には日本という国家の分断にも繋がる恐れがあり、最終的には反日左翼(サヨク)、共産主義者等が【夢に描く】国家解体(日本国家滅亡)のシナリオを完成させてしまう恐れもあると! 

ソ連崩壊の二の舞となる恐れもあるかもしれない!!


そして、誰が発言をされていたかちょっと忘れてしまいましたが、天皇陛下、御皇室をも蔑ろにする恐れのある制度でもあると発言をされていたのが気がかりです。



(・∀・)<安倍晋三先生が道州制を推進しておられると最初の方に書きましたが、その根拠として政策(安倍晋三 6つの全力!)として掲げられています。

http://www.s-abe.or.jp/wp-content/themes/politicianA/img/seisaku2012.pdf#search=%27%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%20%EF%BC%96%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%85%A8%E5%8A%9B%27

上記のPDFに掲載されている政策の内容(6つの全力)を抜粋し掲載させて頂きました。

----
安倍晋三 6つの全力!

一日も早いデフレ脱却と成長力の底上げで所得向上、雇用の創出に全力

・「日本経済再生本部」を創設し、国内の英知を集結、強力な成長戦略を推進
・東日本大震災の被災地域復興の促進
・若者、女性、高齢者の雇用の創出
・脱原発依存。 「新エネルギー戦略」へのチャレンジ 他


日本の誇り 憲法改正・教育再生に全力

・教育委員会制度や教科書検定・採択制度の見直し
・基礎学力の向上、高等教育の国際化
・教員組合活動の適正化 他


外交・総合安全保障の確立に全力

・日米同盟をより強固に。 自らが自らの国を守る体制づくり
・集団的自衛権の行使を可能に。 日本版NSC(国家安全保障会議)の創設
・北朝鮮による拉致問題、核・ミサイル問題の早期解決 他


自主の志・強固な国づくりに全力

・官邸機能強化と道州制を前提とした地方分権の推進
・国民の信頼、期待に応え得る国会改革、公務員制度を含む行政改革など、
国家統治機構改革の大幅な見直し
・大震災等、非常事態に対応した 「国家緊急事態体制」 の整備=日本版FEMA(フィーマ)創設 他


自助・自立を基本に、「助け合い」 「思いやり」等を大切にする社会保障制度の確立に全力

・若者・子育て支援、障害者・弱者支援システムの確立
・少子高齢化に対応した年金、医療、介護の改革、自立を前提とした生活保護制度の見直し 他


元気なふるさと、活力あふれる地域づくりに全力

・「攻めの農林水産業」の推進
・国民の安全と地域競争の強化に資する未来への投資としての新公共事業の推進
・EPA、FTAの推進。 TPPの「聖域なき関税撤廃」反対 他

----



(・∀・)<ピンクで表示したところは、不支持疑念を抱いたところです。

憲法改正というのは、【憲法ではない(日本の憲法とは言えない内容と成立過程に不正があった)ものを憲法として認識し、改正】しようとするとんでもない行為ですが、これをやっちゃうと、GHQの戦争犯罪(国際法に反し、占領中の他国の法を強制的に変えさせた犯罪行為)を容認する事にもなると思います。 つまり、天皇陛下と国民を人質にしてGHQ草案(日本の國體破壊を目的とする草案)を押し付け、強制的に憲法を改正させ成立させた日本国憲法と偽称する怪文書を憲法と認めてしまうことになり、日本の真の國體(天皇を中心とする国のありかた、決まり事)をも、国民自らが否定してしまう事になると思います。

(・∀・)<だから日本国憲法と偽称する怪文書を、【
憲法として改正する行為】は危険だということを今まで周知してきましたが、何故か、これに反発する勢力(日本国憲法は憲法として有効であるとする改憲派)が存在しますが、改正してから取り返しのつかない事になった後で、『やっぱり改正は間違いだった・・・』と後悔しても遅い! 果たして改憲を推進した方々は責任を取れるのでしょうか?


しかも・・・ 安倍先生は過去に、日本国憲法は無効であり、議席の過半数で破棄出来る云々と発言をされていた過去があります。(2009年ごろ)

つまり・・・ 日本国憲法は憲法として
無効(憲法には該当しないもの)であるという認識を既に持っている上で、憲法改正(日本国憲法を憲法と認識し改正する)を政策に掲げていることになります。 これは非常に矛盾しているというか、おかしいと思いませんか!?

↓此方の動画が根拠です。



(・∀・)<FTAって・・・ 中韓(支那、韓国)とのFTAのこと?? だったらとんでもないと思いますよ!


道州制のお話から少し話しがそれてしまいましたが、安倍先生が自民党の総裁になられ、とてもおめでたく喜ばしい事ではありますが、私自身は安倍先生の政策に問題があると見て素直に喜べないところが正直あるし、世間のフィーバーぶり;を見て・・・ 安倍さんの政策を理解した上で応援し、支持されているのだろうか?と疑問と一抹の不安を抱いている次第です。

安倍先生の政策に異議を唱える人をあまり見かけないので、このままで良いのだろうか?と、とてつもない違和感を感じてはいた。

どうか、盲目的に応援されるのではなく、政策なども把握したうえで支持し応援するところはしていく、しかし、支持出来ない政策などには徹底して意見、抗議をしていく! これが日本の未来の為であり、子々孫々の為でもあると思います。 



今回、道州制を特に取り上げたのは、実際に実現させる事が可能であるという確率が非常に高い恐れがあると思ったからです。



<<関連記事>>

★道州制の正体
http://baikoku.web.fc2.com/

★「道州制」はやっぱり危険
http://sekakata.exblog.jp/7352868

★◆【危険!道州制(地方分権)は日本分裂に繋がる】過去の幕藩体制や戦国時代に戻そうとして居るに過ぎない。維新の名が泣く![○○維新逆行の会]と改めて欲しいものだ。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-546.html



<<関連動画>>


(・∀・)<ストップ!!道州制!!

道州制は危険な政策である!と思われた方は、ここで掲載した動画や関連記事を周知、拡散して頂けると幸いです。 よろしくお願い致します。